--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-05-31(Sun)

【自分取扱説明書バトン】

真面目
今晩は、背後が、バトンがたまってあたふたしてます、
自業自得ですね、というわけでバトン消化でございます
お客様に本製品【ヴァン・ジェルヴェール】を説明しましょう。

本製品名【ヴァン・ジェルヴェール】
備考:名前はペンダントに、綴りは van・jerverlです

対象年齢:
銀色の雨と、銀誓館について、理解していらっしゃる方

適正動作環境:
護るべき主様、また傍にいるべき人がいる場所

製造元:
イタリアのどこか

製造:     (製造者はわからないようだ)

保証期間:
主様が、本製品を必要とするならいつまでも

価格: 
現時点で、主席は埋まっております
また、傍にいるべき人、はとある一人を除き、
買い取ることは無理でしょう

【以下の動作方法】

話す:
基本的には、礼儀正しく、を心がけた口調で話します。
砕けた口調になったときは、その相手が本製品にとって
友達、として信頼しているときです。
ただし、『犬』というワードを故意に発せられたとき等、いくつかの場面では
エクスクラメーションマークを多用いたします

誘う: 
デートのお誘いは、1人を除いて、確実に断るでしょう
それ以外の、イベントシナリオや、ピンナップ等は
ほとんどの場合、お受けします、ただし、予定が重なり過ぎると
パンクするかもしれません

笑わせる: 
話の中で、『面白い』と思えば、普通に笑います。 
また、「スマイルください」と言えば、営業用スマイルが
見れることでしょう

泣かせる: 
本製品は、ほとんど涙を見せません、
大切な人、大切な友達がいなくなった時
本製品は涙を見せるでしょう、そしてもしそれが戦闘の代償
だった場合は、本製品は涙をぬぐい、剣を握るでしょう

怒らせる:
本製品は、やんわりと怒ることが多く、
激怒といった感情を表すことが滅多にありません
怒らせるなら、本製品関係者の方を悪く言うことが手っ取り早いですが
本気になると、全力でアビリティを放とうとします、気をつけましょう

謝らせる: 
基本的に、自分に非があると思うと、簡単に謝ります
あと、女性には騎士道精神も手伝い、自分に非がなくとも
泣く振り等をされると、八方ふさがりになり、謝るでしょう 

倒す: 
基本的に、絶命拳と、呪殺符に弱いです、クロスアビリティなどを放つと
結構あっさり倒れます。
しかし、特殊な訓練のため、実践以外の場所で
上記のアビを食らっても、凌駕の確立が非常に高くなっております

相談する: 
ある程度の知り合いであれば、きちんと話を聞き
そして、自分の思う最良の方法を考えてくれることでしょう、
また、口も固いので、秘密を守ることでしょう

騙す: 
一般常識はある程度備えているので、騙されにくい…と思います
ただ、女性の嘘泣き等には、あっさり騙されます
   
味方にする: 
信頼に足る相手、と本製品が思った場合、本製品は、 
簡単に味方にすることができるでしょう
しかし、それが本製品の信じる正義に反する行為だった場合
味方にはならないでしょう

服従させる: 
主と認めればあっさり服従するでしょう、しかし、
主は一人だけですので、無理でしょう、尊敬する人に
忠誠を誓うことはあります

【メンテナンス】

故障かな?と思ったら: 
紅茶や珈琲、ココアなど、温かい飲み物を与えて             
様子を見てみましょう、それでも元気を取り戻さない場合
故障の可能性が高いのでメンテナンスを行いましょう

エネルギー: 
主に、楽しい会話、騎士道精神、を原動力にしています

ケアの仕方:
基本的に会話、をしてたり、本製品が『楽しい』と思えば回復します
それでも駄目な場合、大切な人、を呼ぶか、そっとしておきましょう
        
故障している例: 
部屋の隅にうずくまり、何かをブツブツつぶやく、
あやしい目でナイフ、長剣等の刃物を磨くなどと行った
行動を行っているとき、故障している可能性があります
ただ、自我がはっきりしており、戦闘前の手入れなどは
この範疇に入りません

修理の仕方:
本製品は、ある程度の会話、そして、それ以外では静寂
を好む傾向にあるようです、どちらかを行いましょう

【本製品に関するお問い合わせ(回す人七人)】

出回っているようなので、ここで埋めますね、興味がある人は
御自由にどうぞ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

おっ、こっちのが見やすいな(笑)

お疲れ様!そんでもってさんきゅーな。ヴァンにーちゃん♪

Re: No title

ま、見やすいよな、こっちの方が
指摘ありがとうな
でも逃がさない(ギラッ)
プロフィール

ヴァン・ジェルヴェール

Author:ヴァン・ジェルヴェール
背後紹介
有希(ユウキ)

キャラ紹介
ヴァン・ジェルヴェール
(van jerverl)
性別男
クルスニ×魔剣士
結社
銀狼の騎士団
紫鏡庵
秋月男子寮に所属
髪は白に染めている
==================
 このブログに載せられる作品は
株式会社トミーウォーカーの運営する
『シルバーレイン』の世界観を元に、株式会社トミーウォーカーによって作成されたものです。
 イラストの使用権は作品を発注したお客様に、著作権は描いて頂いた絵師様に
全ての権利は株式会社トミーウォーカーが所有します。
=================

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。